雲のやすらぎマットレス|肩こり首こりに!

雲のやすらぎ マットレス

雲のやすらぎマットレスと敷き布団

 

雲のやすらぎマットレスと敷き布団

雲のやすらぎに限らず、私達は睡眠するときのマットレスの選び方は、寝るときの姿勢でマットレスを選べば良いと言われていますが、それは、仰向けで寝る時の姿勢で寝心地が良いと感じるマットレスを選べば良いと言うことなのです。

 

私達が夜寝るときの姿勢って、6割方仰向けで寝ているらしいのです。
ですから、仰向けで寝て落ち着く、気持ちが良いのマットレスを選ぶ事なのです。

 

たまには横寝もしますが、4割弱なので、仰向け寝の姿勢で気持ち良いと感じるマットレスを選びましょう。

 

そして、同時に行ったアンケートの結果でも、目覚めた時の満足度調査でも、仰向けに寝た時の姿勢が満足度が一番良かったのです。
ですから、マットレスを選ぶ時には、仰向け姿勢で寝た時に、気持ち良いなーって思える、快適に寝られる、そんなマットレスを選ぶことが大切となります。

雲のやすらぎマットレスと敷き布団

マットレスというものは、固すぎても柔らかすぎても駄目で、腰が沈み込みすぎるような柔らかいマットレスもいけませんね。

 

丁度良いマットレスと言うのは、腰が沈み込まない程度のマットレスで、そうですね、雲のやすらぎのようなマットレスかな。

 

雲のやすらぎのマットレスは、雲の上で寝ているようかソフトな感じがして、その上、決して腰が沈み込まないマットレスなので、腰痛にも良いらしいのです。

 

柔らかいマットレスは、気持ちが良いように感じますが、寝返りを打つときに、腰が沈み込んでいるので、必要以上に筋肉に力が入り、睡眠中に筋肉が疲れ果ててしまいます。

 

最悪の場合は、寝返り中にしんどくなり、目が覚めてしまう場合すらあります。

 

それだけ、寝返りを打つのに打ちづらく、筋肉が疲労し、寝返りの度に筋肉が疲れてしまいます。

 

ですから、自然な寝返りが打てるように、仰向けで寝た姿勢で、腰が沈み込まないようなマットレスを選ぶことが、熟睡するためにも、腰痛を引き起こさないためにも非常に大切です。

 

 



雲のやすらぎ 首こり 解消

雲のやすらぎマットレスと敷き布団

雲のやすらぎマットレスと敷き布団

マットレスで寝心地が良いとされている、雲のやすらぎは、腰痛持ちには抜群に良いとされて人気を博しているマットレスですが、実のところ、肩こりや首こりにもとっても効果があるんですよ。

 

腰の当たりや肩のところが沈み込んでしまう敷き布団やマットレスで寝ていると、背骨の曲がりや腰の歪みなどで、体重が一点に偏ったりすることで、とっても筋肉に負担をかけてしまうだけでなく、睡眠中の自然な寝返りが打てなくなり、筋肉などに負荷が掛かってしまいます。

 

こうした、寝返りというのは、睡眠中に筋肉を解す意味では非常に大切な動きなのですが、腰が沈み込んでいたり肩が凹んだりしていると、その寝返り行動が阻害され、筋肉に相当な負担となります。

 

それが、肩こりや首こりの原因となるのです。

 

ですから、睡眠中の身体がいつでも楽に寝返りを打てるように、身体が沈み込まないよう、腰や肩が沈み込まないよう、凹まないように、良いマットレスや良い敷き布団で寝ることが大事で、首こりや肩こりが解消できるようになりますよ。

 

そのためには、雲の上で寝ているような、ソフトな感覚や、寝返りがいつでも自由に打てる環境のマットレスや敷き布団を使うことをお勧めします。

雲のやすらぎマットレスと敷き布団

それには、雲のやすらぎのマットレスや敷き布団がお勧めなのです。
この、雲のやすらぎのマットレスや敷き布団は、いつでも自由に寝返りができ、筋肉に対するストレスがありません。

 

それで、自由にいつでも寝返りを打つことができ、朝目覚めたときのスッキリ感が良いのですよ。
また、腰痛をいつも感じていた方も、雲の安らぎのマットレスや敷き布団を使うことにより、腰痛が改善され、肩こり、首こりを改善し、爽やかな目覚めを約束してくれます。

 

今まで、朝目覚めたときに、肩こりや首こりの悩みと不満を私にぶつけていた家内が、雲のやすらぎを使い始めてから何も文句を言わなくなりましたね。

 

昼間は余り感じ無い肩こりや首こりでも、夜寝て朝起きると決まって肩こりや首こりが気になります。
それはやっぱり、睡眠中に身体が不自然な形で寝ているために、肩こりや首こりが起こるのでしょう。

 

いま現在、首こりや肩こりで、お悩みのあなた、仰向け姿勢で問題がないか、それから寝返りを打つのに自然に寝返りを打つことが出来るかどうかを、いま使っているマットレスや敷き布団で無理なくできるか試験してみて下さい。

 

もし、寝返りが困難ならば、睡眠中に筋肉や腰が無理してストレスが罹っているので、肩こりや首こりが起こってしまっても仕方ありませんよ。

 

それで、もし今の敷き布団やマットレスで寝返りが打ちにくかったら、マットレスや敷き布団は変えた方が良いかも知れませんね。
それも、出来るだけ早いうちに、雲のやすらぎのマットレスや敷き布団がお勧めかと思いますね。

雲のやすらぎ 評価

雲のやすらぎマットレスと敷き布団

雲のやすらぎの評価が100%良いかと言えば決してそうではないのですが、自分自身の個人の身体や個性によって、雲の安らぎが身体に合っている人がいれば、全く合わない人もいます。

 

ですから、単に、評価といっても、一長一短には、雲のやすらぎの評価も出来ません。

 

例えば、雲のやすらぎは、腰痛にもの凄く効果があったと言う人がいれば、雲の安らぎは腰痛には全く効かなかった。
モットンやマニフレックスのマットレスの方が、遥かに良かった、と言う人もいます。

 

確かに、モットンは腰痛を改善するための、そのためのマットレスに特化しておりますから、腰痛を改善して当たり前といいますが、当然なのです。

 

しかし、雲のやすらぎのマットレスは、腰痛も改善するが、毎晩を快適に夜を迎えるためにあり、寝返りを楽に打てたり、朝の目覚めを良くしたりするのが目的のマットレスであり、敷き布団なのです。

 

ですから、ただ単に、雲のやすらぎの評価が悪いとか良いとかの評価は基準が曖昧すぎて、当てにはなりません。
もし、雲のやすらぎの評価をするなら、朝の目覚めの快適さや腰痛の改善など、的を絞った評価にしないと、マットレスとして、敷き布団としての評価は難しいものとなります。

 

まあーそれにしても、全体的な評価と言われれば、私は「雲のやすらぎ」が、広い範囲の効果としては軍配が上がると思いますね。

 

腰痛だけでなく、朝の目覚めの快適さ、寝返りの打ちやすさなど、総合的に見て評価が高いと思われますね。

 

マイナスの評価があるとすれば、モットンやマニフレックスのマットレスに比べて厚さが17センチと厚く、折りたたみにくくてしかも重たいのです。

 

重さは、モットンが4.4キログラムに対して、雲のやすらぎは7キログラムもあります。

 

分厚くてその分しっかりとしていますが、重さが少し重いので、お年寄りの方は押し入れにしまうのが大変かと思いますね。
私のように、ベッドに敷きっぱなしの場合はなんら問題がありませんから、評価としても良い方の評価に入れますね。

 

いずれにしても、100人が100人とも良い評価をすることが余りありませんから、それに身体の個人差もありますから、人それぞれの評価となるのでしょう。

雲のやすらぎ 敷き布団

雲のやすらぎマットレスと敷き布団

とにかく、敷き布団にしても、マットレスにして、腰が沈みすぎたり、首や肩が沈み込みすぎるのは止めた方が良いですね。

 

むしろ、固めの敷き布団の方が、寝返りを打ちやすいですし、寝返りの際の筋肉の動きにストレスがかかりませんからね。

 

と、言って余り固すぎる敷き布団では、背中や身体の至る所が痛くなる恐れがあり、これまた朝の起床時には不快感が現れますね。

 

ですから、敷き布団は、固すぎず、柔らかすぎずの敷き布団を選ぶとやはり、雲のやすらぎに落ち着くのですね。

 

今まで、あれだけ朝になると調子が悪いと言っていた家内ですがね敷き布団やマットレスを雲のやすらぎに変えてから、びたっと黙りましたからね。

 

効果覿面の雲のやすらぎのマットレスと敷き布団でしたね。

 

敷き布団と言えば、昔は固いせんべい布団の敷き布団でしたが、あのようなせんべい布団の方が、肩こりや首こり、腰痛には良いのかも知れませんが、あそこまで固くなくて、少しくらいふんわりとした敷き布団なら良いかと思いますね。

 

敷き布団を選ぶなら、自分が腰痛持ちか、首こりがあるか、肩こりがあるかによって敷き布団なりマットレスを決めることが大事ですね。

 

ただあまり考えもなく、どこのメーカーの敷き布団も一緒だろうと思い、簡単に買ってしまうと、後で泣きを見ることもあるので、高い敷き布団なら良くメーカーの説明を読み研究してから買うのが良いのではと思います。

 

頭の片隅に、「雲のやすらぎ」のマットレスや敷き布団の特徴を入れとおくと良いかも知れませんね。

雲のやすらぎ モットンとマニフレックス

雲のやすらぎマットレスと敷き布団

前にも書きましたが、腰痛対策用のマットレスとして、モットンが売り出されています。

 

それはそれなりに、腰痛対策用としては評価が高いのですが、その評価どおりなのかどうか比べて見ましょう。

 

まずサイズなのですが、モットンも雲のやすらぎも一緒なのですが、厚みが雲のやすらぎが17センチとモットンの倍も厚みがあります。

 

この違いがモットンと雲のやすらぎの違いに出ているようです。
このことが、モットンと雲のやすらぎのマットレスの固さに出ているようです。

 

先ほども書きましたが、マットレスの固さがあまりないと、身体の体重で凹みが出来てしまいますので、その点が雲のやすらぎとモットンの違いに出ているのでしょう。

 

しかし、雲のやすらぎのマットレスは厚みが分厚く、モットンの倍の厚みがあり、畳むのも大変なのです。
このことも口コミにも書かれているようで、好みによってモットンが良いと言う人と雲のやすらぎがいい人とに分かれてしまいます。
また、重さも雲のやすらぎは7キログラムと重く、それに反してモットンは4.4キログラムと軽くて持ち運びも楽なのが特徴です。
その差約2.5キログラムもあり、お年寄りにはマットレスの上げ下ろしが、雲のやすらぎの方が少ししんどいようです。

 

がしかし、雲のやすらぎが重いから駄目とか、モットンが軽いから良いというような簡単に判断できるものではありません。

 

次に、雲のやすらぎの通気性とモットンの通気性を比べて見ても、どちらも通気性に優れ、価格面を見てもどちらも優れたマットレスです。

 

しかし、モットンには、リバーシブルという余計な機能が、口コミを見てもありませんが、雲のやすらぎには、通気性に優れている他、リバーシブルという機能が付いていて、春夏秋冬に使い分ける事ができるよう、簡単にお手入れが出来るよう出来ているのが、雲のやすらぎで、モットンにはリバーシブルという機能はありません。

 

メンテナンス性の点では、モットンよりも雲のやすらぎに軍配が上がりますね。
どちらにしても、雲のやすらぎにしてもモットンにしても、こまめな手入れが必要です。

 

また、モットンは腰痛患者専用としてターゲットを絞って販売しているのに対し、雲のやすらぎは、腰痛患者もさることながら、朝の快適目覚めや寝心地の良さを追求している商品となります。

雲のやすらぎ シーツ

雲のやすらぎマットレスと敷き布団

雲のやすらぎの敷き布団にシーツを使ってなければ、もし汗で汚れたり、飲み物がこぼれて汚れたりしたりすると大変です。

 

雲のやすらぎの敷き布団やマットレスは洗えないので、シーツを敷かないと大変です。

 

ですから、雲のやすらぎのマットレスや敷き布団は、シーツを必ず敷いて下さいね。

 

夏ならば、雲のやすらぎ敷き布団の上に、冷感汗取りパッドを敷いたり、冬ならば暖かみのある冬用パッドを敷けば良いかと思います。
何を使って良いかと思いますが、例えば一般に市販されているシーツでも良いでしょうし、雲のやすらぎメーカーから出しているシーツならば、モアーベターだと思いますね。

 

シーツにもどうしてもこだわりがあるのなら、雲のやすらぎを販売している、「一番星」と言うメーカーから販売しているシーツがお勧めですね。

 

国産で、雲のやすらぎ同様日本製で安心です。

 

この雲のやすらぎと同様に販売されているお肌に優しいシーツは、シーツが布団からずれないし、肌触りが良くて多機能性に優れていますという、口コミがありますね。

 

どうしてもシーツにこだわりのある方なら、お勧めのシーツです。


 

雲のやすらぎマットレスと敷き布団

雲のやすらぎで腰痛改善

雲のやすらぎ腰痛

雲のやすらぎ腰痛

雲のやすらぎのマットレスをすることにより、腰痛改善や腰痛が治るのなら、本当に安いモノです。例えば、敷き布団がありますね、雲のやすらぎの敷き布団なら、へたりもないしこの敷き布団なら安心して朝まで寝ていることができますよ。雲のやすらぎのマットレスも敷き布団もあまり安物は身体に負担をかけて、腰痛を引き起こしたり、肩こりや首こりを引き起こします。ですから、価格のみで敷き布団を選ぶことはしないで、へたる、とか、へたり、とか効き目なども考慮して敷き布団選びをすることが大事かと思われますね。雲のやすらぎのマットレスも非常に肩こりや首こりのことも考えて作られた商品ですから、敷き布団と同じく安いモノばかりを選ぶのではなく、効き目のある良い商品を選ばないといけないとおもいますね。
雲のやすらぎの敷き布団もアマゾンや楽天でも購入可能ですが、いずれにしろ、有名メーカーですから、一応の値段もしますが、雲のやすらぎのマットレスは本当に非常に良い商品だと思いますので、一度お試し下さいね。布団屋さんは全国各地の色々な場所にありますが、自分の気に入った布団や敷き布団となると、なかなか思うようにはありませんから、気に入ったモノがネットででも見つかればチェックしておくのも良いかもしれませんね。
雲のやすらぎのマットレスや敷き布団もへたりをよく言われますが、毎日寝るモノですから、どうしてもへたります。
でも、こまめに日干しを行い、手入れを行うと、へたりもなくなりますね。このへたりと言うのは、丁度お尻のあたりが毎日ねている性で、へっこみ、へたるのです。
このような、へたりは何処の敷き布団でも起こりますし、どんな有名な布団メーカーの布団でもへたりますのでこれは仕方ありませんね。
へたりの布団を治すというか、元に戻すには、冬なら、布団乾燥機にかけてみたり、良い天気の日には敷き布団を天日干ししたりすれば、割と元に戻ることにもなりますから、やって見て下さい。それでも、へたりが治らないと、寿命かもしれませんね。雲のやすらぎをベッドに敷き布団を引いて寝る方法を私は行っていますが、ベッドの方が、畳に直に敷き布団を敷くよりも良いかなーって思いますよ。ベッドに敷き布団を敷いて睡眠するやり方の方が、ダニ対策にも良いような気がしますね。畳の上に時下に敷き布団を引くと、ホコリを口や鼻から吸い込む恐れがあり、身体にあまり良くないような気がしますので、ベッドにマットレスを敷き布団を敷き、その上に寝るのをお勧めします。雲のやすらぎのマットレスや敷き布団をベッドに敷くやり方をお勧めするのですが、どうしても部屋の構造上や部屋の大きさに限界があり、ベッドも入らないのならそれはそれで無理ですから、ベッドは諦めて下さい。
でも、出来れば、雲のやすらぎのマットレスと敷き布団はシーツも含めて、ベッドに使用するのがベターでしょうね。
畳の上で寝るのも良いのですが、雲のやすらぎのマットレスを使用する場合、雲のやすらぎの敷き布団を使用する場合には、基本的にはベッドの使用を検討してみて下さいね。この間も、子供が、雲のやすらぎのマットレスと敷き布団を汚しましたが、そんなにも面倒なく、汚れが落ちましたから、夜尿症の子供でも大丈夫かなって思っています。もちろん、シーツも汚れますが、直ぐに洗うことが出来ますので、雲のやすらぎのマットレスと敷き布団、シーツを洗濯に出して下さい。
それうすれば、いつでも新品の状態で、雲のやすらぎのマットレスや敷き布団を使う事ができますよ。

雲のやすらぎにはマットレスが有りますが、これがまた首こりの解消にはすごく評価が良いらしいのです。雲のやすらぎの敷き布団は温かくて気持ちいいのですが、モットンは夏少し暑いようですね。マニフレックスは効いたことがありますが、どうなんでしょうか。シーツのお試しを試して見ましたが寿命が問題で耐久性もさることながらへたることには困ったものですね。雲のやすらぎのマットレスで寝てみましたが、首こりの解消には以外と役に立ちましたね。評価の良さは誰でも知ってますが、敷き布団の厚みも厚くモットン以上に良いものだと思いました。 マニフレックスのシーツがありましたが、それをお試しで購入することにしましたところ、寿命が短いので止めることにしましたが、耐久性のある雲のやすらぎがやっばり、へたるでは困りますから雲のやすらぎのマットレスの購入に踏みきり増した。首こりの解消も評価の高い敷き布団ですが、モットンやマニフレックスのシーツではやっぱり駄目で、お試しだけで試してみることにしました。それは寿命があるかないのかイマイチ分からないので、耐久性の高い敷き布団にすることにしました。それはへたることを心配することで、雲のやすらぎのような素晴らしいマットレスがあれば首こりなんて直ぐに解消出来るので、私としては凄く評価が高いですよ。 敷き布団の良さならモットンでも構いませんが、マニフレックスのシーツを使いかけるとお試しでも満足してしまいますね。しかし寿命が短いと困るので、割と耐久性の高いもので、へたることのないように雲のやすらぎを購入することにしました。それならマットレスも強いので、首こりの解消にも素晴らしい効果を発揮してくれますから、凄く安心ですね。評価はマチマチで様々なんですが、敷き布団の柔らかいものが大好きな私は、モットンのマニフレックスのシーツにしましたが、お試しがあるのでそれも寿命が長く耐久性がありますから、へたる事の無い雲のやすらぎのマットレスにしました。これなら首こりもなく解消出来るので、布団の評価も高まりますから、敷き布団にモットンブランドのマニフレックスならシーツも安く買えるのでお試しに使うのもありかも知れませんね。寿命なら長くもつやつが良いので、そこで耐久性の長いものでへたる事の無い雲のやすらぎのマットレスを購入することをお勧め致します。私は割と首こりが多くてそれを解消するためには評価の良い敷き布団を購入することにしましたが、モットン100%のマニフレックスにしました。シーツはお気に入りのものでお試しが効く物、効果のあるもので寿命が長く耐久性が凄くありへたることのないものがお勧めなのでやっぱり雲のやすらぎのマットレスが良いのでは思いますが、もし首こりが酷くて解消出来ないのなら、その評価は少し下がりますね。 敷き布団はどこのものを使うのでしょうか、やっぱりモットンの物を使ってマニフレックスをするのでしようか。シーツはやはりお試しでも良いのでは思いますが、寿命の事を考えると、やはり耐久性に優れたものが、耐久性に優れたシーツやマットレスがへたることが無いのでお勧めですね。 雲のやすらぎにはマットレスが身体に良いと、首こりの解消にも良いと非常に評価の高い敷き布団であると言われていますが、どうなんでしょうか。モットンのマニフレックスを1度使って見て下さいね。それはシーツなのにもの凄く高くてお試しもありませんから、それに寿命があまりなくて耐久性には優れませんから、駄目ですね。それにへたることへたることで困った輩ですよ。雲のやすらぎのマットレスを使えば止められなくなり、もの凄く首こりには良いものだと思われます。それに解消するのは首こりだけでは無いので、評価も高くで敷き布団でナンバーワンなのでモットンにも勝てる勢いですよ。マニフレックスのシーツを使ったことがあるのでしょうか、これはお試しでも使えば分かりますが、寿命の長いことと耐久性があることで、へたることはまずありませんね。


特定商取引法表示